2021年12月3日(金)

エルメスの手巻きアンティーク。革ベルトの接続部分がケース側一帯式になっており、既製品の革ベルトが装着不可能。 このタイプは、革ベルトを巻き付けて縫いあげる必要がある。 という事で、別作でお作りさせていただきました。

東京mimosaのエミッタシリーズ、ワープロラックスと同様の革を使っての別作オーダーとなりました。アンティークエルメスにぴたりと収まったフラット仕様の柔らかい革。 明るめブラウンにアイボリー色のステッチが見た目優しい。 

いかがでしょう、この仕上がり⭐︎ ひと月ほどお待ちいただきましたが、 仕上がりの受け取りにお越しいただいたお持ち主様から「想像以上に、はるかにイイ!!」とお喜びのお言葉をいただきました。 ご縁に感謝!!

日本の職人の手仕事は、素晴らしいです!!

それを身に付けることで「ナニカ」がそっと変わってゆくのではないかと、私は本気でそう感じています。

革ベルトの仕様や形状、それにサイズなどにより、革ベルト交換を諦めておられる方〜!! どうぞ小さな時計屋にご相談くださ〜い(笑)