2021年7月5日(月)

まったく一定性もなく、法則もなく、左右されているナニカの予測すらつかない毎日が、 もはやちょっぴり刺激的だったりもして(笑) それが、頼もしくさえ感じる様になってきた週末。 ちょっとその日一日が静か過ぎたからって、以前の私の様に不安や心配になったりはしなくなった。 コレが良いのか悪いのかは分からないけれど(苦笑)

そんな週末は、時計のガラス交換にまつわるご依頼や、修理品の仕上がりが目に留まった。

例えば、SEIKOセイコーや、CITIZENシチズンなどの国内メーカーの時計であれば、材料(ガラス)のみを仕入れ当社で取り付作業するモノ、メーカーに修理依頼として出すモノ、そして、形状の近い代替えガラスを取り付けさせていただくモノ。ほんの一部、特殊形状により別作でガラスをお作りするモノ、とに分かれる。

舶来ブランドのものは、材料供給していただけないモノが多いので、メーカーに修理依頼をするか、代替えガラスでの交換かのいずれか。

お持ち主さまのご希望に合わせて、できる限りのことをさせて頂きたい、そうした事の結果が、仕上がりに繋がっている。

タグホイヤー/代替えガラス交換

修理品達が日々色々なことに気づかせてくれる、そんな毎日が愛おしい週末に感謝。

さぁ今週も頑張りましょ〜ぉ!!