2021年10月8日(金)

好みはあれど気持ちの良い季節ですよね〜。

寒さも和らぎ手元の時計達がお袖から顔を出しはじめる春。 それから、汗ダクになることもなくなり夏とは一変、重ね着や革小物など、なんとなくお洒落をしたくなる秋。  この、春と秋が、革ベルト交換には一番オススメの季節です!!

時計の革ベルト交換は誰のためでもなく、お持ち主さまの満足の為だものッ ^_^;; 気持ちよく自分がアガる↑↑これが一番かと(笑) てことで。 ここ数日の革ベルト交換の一部をご紹介させていただきます〜。

オメガ(シーマスター)文字盤ブルーに合わせて深みのあるネイビーブルーのカーボンベルトをチョイスいただきました。【レッド、オレンジ、ブラック、ブラックに赤色ステッチなど全5色】

シチズン(クロノマスター・アンティーク)に合わせ、プロテクター付きの革ベルトゴールドブラウン色をお選びいただきました。【こちらはステッチの糸の色違いを含め全6色】

ロゼモン。 取り付け幅のサイズがとっても珍しい『7mm』国内革ベルトメーカー様の、リザード素材のダークブラウンを合わせて、しっとりイイ感じに仕上がりました。【7mmなどの奇数サイズも取扱いあります。】

長くなっちゃうので今日はこの辺にして、続きはまたッ(笑)

少し前からポロリ、ポロリと、時折ひとり呟いていた革ベルトの販売がそろそろ始められそうです!! UNROOFさんの素敵な職人さん達が丁寧に作ってくれる革ベルトを店頭に並べる日が楽しみワクワクです!!

今まさに、空前の時計革ベルトブーム。奇跡のご縁に感謝しかないですね!!! ありがとうございます♪