2021年12月5日(日)

土曜日、驚くほど名古屋駅コンコースが人人人!! この2年をかけてジワジワと、無意識のうちに、静かな店頭環境に慣れてきていたのだなぁ〜と、つくづく…。

一日中マスクをして、クリアシート越しにコミュニケーションを取るのは至難の業…。 息苦しい上に、滑舌良くと意識集中、色々な音が飛び交う中では会話の聞き取りが上手くいかず……。そんなこんなで、ちょっとぐったり。三半規管の衰え(!?)を確実に、強く、感じる今日この頃です(笑)

そんな土曜日、あるお客様より時計の針取れのご相談をいただきました。

腕時計の針抜け、時計針のさし直し。 金額は2,800〜3,800目安となります。症状にもよりますが、一日以上お預かりさせていただくのが理想です。(とはいえ臨機応変、この度は3〜4時間でお預かりさせていただきました)。

「なぜ抜けたか」が分かると良いのですが、不明のことが多く、それによる再修理もちらほら見受けられます。 落としたりぶつけたりが原因であればそれさえ注意すれば良いのですが、「特に何もしていないのに」となると、針抜けの原因である時計そのものの不具合も疑う必要がでてきます。

針のさし直を済ませた後、狂わずにきちんと三針共が動いてくれているかを確認して、ようやくお渡し!となります。

小さな言葉達を、その時のその方にとって最適な状態に。そんな想いを込めて放てるようにする為には、私自身がベストである必要があるにも関わらず……。  うむ………こりゃ本気で体力づくりせねば〜!!

と感じた土曜日でした(笑) このギャップは萌えません(笑)