時計の石取れ

時計のベゼル部分に綺麗に敷き詰められている時計。

と言えば、色々有りますが、「フォリフォリ FolliFolli 」が多いでしょうか。

経年劣化により石留めの接着が弱り、歯抜け状態になってしまったり、

接着部分の隙間が変色して石が黒ずんで見えたり。

その様なご相談を、いただくことがあります。

また、諦めてご使用頂いていることも少なくなく、電池交換のご依頼を

頂いた時にこちらから石留めが可能な事をお伝えし、ラインストーンの

取り付け直しを、ご提案させて頂くこともしばしば。

多くの石が抜けてしまっていたこちらのフォリフォリ。

ラインストーンの変色が激しいものを外し交換取り付けさせていただきました。

白とピンクゴールドの綺麗なこちらのフォリフォリは電池交換で

お持ち込みいただいた際にご提案させていただき、

2石だけ真っ黒(石が無くなっていました)に穴あき状態だったものを、

サイズを合わせてラインストーンの取り付けをさせていただきました。

ふっかーつ!!

ご縁いただいた時計達が綺麗に復活し、お持ち主様の腕の中で

チクタク時を刻み始める♡

そう想うと、なんだかワクワクします!!

全てのご縁に感謝です。

てる