時を重ねる。という事

日本には数多くの100年企業様が存在し、今も尚この瞬間に

100周年を迎えられている企業様も在る。 という現実…。

すごいですね… 100年と言う時の積み重ね。

取り扱いをさせていただいている時計の革ベルトメーカー様方、のうちの一社。

国内時計ベルトメーカーの中で一番の歴史を刻み続けてみえる「石國」様が、

来年100周年をお迎えになります (大正9年創業)

I社長様とご一緒させていただいた時の事。

「東東京大空襲、関東大震災、などで何度か燃え、崩れているので、

まともな資料のうち多くは残っていないんです。」と…。老舗様ならではの会話に

胸が熱くなった記憶 があります…。

大正9年当時の100年前。 世界の主流だった懐中時計を腕に巻きつけておく為の

革小物を、 と、初代が提案し作成されたのが、その始まりだそうです。

そしてこの度、100周年記念に、その懐中時計を革で包んだ「日本初の時計革ベルト」

を復刻される事になったとのことで、早速お願いをしちゃいました。

想いを込めて作り上げたその革ベルトが、当時どんな役割を果たしたか、は想像しても

測り知れませんが、きっと未来に希望の光を照らしたのでは、そしてそれが今、

この業界に、この空前の革ベルトブームに繋がっている!!  なんてことを想うのです。

何だか身が引き締まる想いですね。

その当時の方々が切り開いてくださったからイマココでこうしてお仕事を

させていただくことができているのですから。

TISSOTの懐中時計と、その専用革ベルトがセットになっています。

「復刻版懐中時計付き時計革ベルト」 もちろん主役は、革ベルト!!です(笑)

( ※ 興味おありの方はこっそりお声がけくださいね〜。)

いやぁ、それにしても。創業100年!! 本当に素晴らしい!!

創業16年も大変なことと実感している私には、この100年と言う響きに、

胸が熱くなります。

ご縁に感謝です 😊

ひんやりを越え、とっても寒く感じる週末ですが、

どうぞ皆様 心ポカポカな日曜日をお過ごし下さいませ〜。

てる