掛け時計(クロック)の修理

ここ数日、何故か「掛け時計の修理もできますか」という

お電話でのお問い合わせが立て続いておりますので、今更とお思いになられる方も

みえるかと思いますが、ほんの少しご参考までにご紹介させて頂きますね。

直径35cm程のイタリアのガラス細工の壁掛け時計。

電池を入れても動かずとの事で運び込まれてきました。

こちらは直径20cm程の小さめの壁掛け時計。

針が重なり不具合を起こし、持ち込まれました。

電池式掛け時計の針の歪み直し、差し直し、必要あれば、ムーブメント交換。

ムーブメントには大変多くの種類があり、その中にも更に、軸の高さ(長さ)、

太さによっても違います。どれでもいい、というわけではないので職人の判断により

対応させていただいております。

( 国産メーカーのSEIKOやCITIZEN(リズム)のからくり時計などの場合は、

お調べした上でメーカー修理での対応も出来る様にしてございます。)

手巻き(ゼンマイ式)の掛け時計(その多くはアンティークとなります) の場合は、

職人の手仕事でオーバーホール(分解掃除)をさせていただく事になります。

お見積もりを正確にお伝えさせていただいた上で、約ひと月ほど

お預かりしメンテナンス一式と精度の調整をさせていただきます。

時計のことならなんでも、(とは言っても砂時計や日時計の修理はしておりませんが)

時計のことであれば、直接的ではないにしても、何かしらお役に立たせて

いただけるのではないかと、思っております(笑)

掛け時計の事、置き時計のこと、腕時計と同じように、

どうか諦める前に、小さな時計屋にご相談下さいね。

「想い出の復活」のお手伝い!全力でさせていただきます。

てる