定期総会

テナント会の定期総会に出席させていただきました。

普段名古屋駅の地下街にいるのが日常の私ですが、

時には高〜いところへおのぼりさん (笑

マリオットアソシア、の高層階で過ごさせていただきました。

毎回ここへ来て、一番最初に想うのは、氷水の入ったグラスのコト。

ここはいつも、ペットボトルでは無くグラスに氷水が注がれており、

プラスチックの蓋がして各席にそれぞれ置いてあります。

総会始まりの約30分前、着席すると既にそのグラスは置かれているのですが、

1時間以上経過しても、 変わらず氷水として、コースターが

水浸しになることもなく、氷水のまま保たれている。

グラスも氷も、普段飲食店で使われているものとは違う仕様なんです。

氷がグラスに当たる音が違う(笑)

「あーコレだなぁ。 やっぱり、ここのおもてなしはいつ来てもコレが

普通(標準) なんだな。」て。

見た目、同じに見えても、提供するコトが違う。想いが違うからだろうか!?

コレは、気づくか気づかないか、受け取る側によってそれぞれでしょう。

気づくと、そのおもてなしの姿勢が、確実に気持ちの良い!!

コレが事実であり真実。 そんな事を想いながら総会出席。

………。

奇しくも(笑) ホントこういうのって、面白いものです。

シンクロにティと呼ぶのでしょうか。

総会 の締めは、「 基本の徹底。 お客様を考える。 」 というお話。

「 基本の徹底をしています、お客様を考えています。」そういうご報告をいただきました。

あーそれぞれの視座があり、感覚があり、姿勢があり、どれが良い悪いではなく、

役割分担で、きっと私は違う角度で見ているいるんだな。

大きな、いや、深い気づき をくださいました。 感謝の瞬間!!

地図、クーポン、ロッカーの場所、店の案内。もちろん時計貴金属のことでも。

日々多くの方にお声がけ頂きますが、いつも変わらずに、粛々と親切、丁寧を意識。

駅を利用する方、初めて名古屋駅に立つ方、その「お一人お一人」の気持ちに

寄り添い、目線を考えること。

そう、全ては「当事者になる」ことからしか始まらない。

そういう事なのでしょう。

私は、公私混同。 ライスワークもライフワークも同じ。

ここ数日、なぜか、立ち位置や役割について、そして居心地や感覚について、

大きなシフトチェンジへの導きを感じて止みません。

コレすらも、ありがたいご縁です。

さてどこへ参りましょうか、誰と参りましょうか。

自然に学び、摂理に気づかされ、風に導かれ、時に水に流して頂きながら、

穏やかに、喜んで生か(活か)されましょう。

今日という日、今という時にありがとうがいっぱいです。

てる