働き方

副業について、 職場の報連相について、関わり方について、

働き方や雇われ方、 もちろん福利厚生や収入保証ついても。

今月に入ってから、テレビの中の芸能会 ネタ だけはなく、

私の周りも、リアルにそういった問題に直面している方が多い様だ。

というか私自身も今、コレから先の「働き方」について、考えているところ。

( 反社会組織と繋がっているとか、そういうことではありませんよ、決して。)

共同経営者との関わり方のバランスを知らぬ間に崩し、悩んでいる経営者。

尋常ではない連日の残業と休日出勤で、体調を崩してそれでも粛々と、

頑張るサラリーマン。

言いたい事もやりたい事も自由にしっかり主張し伝えた上で、

ニコニコ稼ぐ、イマ時の学生アルバイト。

いろんなものの考え方があり、どれも正しい 間違ってる ではない。

自分ならどこに身を置くか。てだけなのだろう。

自分含めスタッフみんなが、もれなく自ら持つパフォーマンスを

どれだけ無理せず喜んで出し切れる状況を創り出すか。

また、自分自身もそんな風に悩む人達とどう関わり、

どれだけどんなカタチで、それを支えられるか。

人の問題(課題)に首を突っ込むつもりはないけれど、ご縁あって目の前に

いるのだもの、見えた時点で他人事では無く自分事。

自分ごとは自分の課題かと思うのです。

「働き方改革」 コレ間違いなくイマ、大きな課題の様です。

小さな時計屋のスタッフは皆心地よく働いてくれていますが(!?)

もっともっと、整えたいと思う今日この頃です。

てる