2021年7月26日(月)

半年に一度の大禊の真っ最中。寝る間も忘れて毎晩、机に向かう。(ちょっと言い過ぎかな、寝てはいます、笑)

連休最終日は、なんだか不思議な1日でした。

郵送でオーバーホールのご依頼を頂いた事のあるお客様が東京から訪ねて下さり、新たな修理のご依頼を下さいました。「いつか機会があれば直接お店に、と思っていた。」とのこと…。前回の対応をご満足いただけていたという事、であればコレはなんとも嬉しい仕合わせ事。

いつもお世話になっているヤマト運輸のお兄さんが集荷に来てくれた時の事。数分お待たせしてしまったので「冷たいジュースでも」と思い、自販機でボタンを押したら大当たりでもう一本おまけが付いてきた。

知らぬ間に少しはナニカ、種を蒔くことができていたのだろうか(笑) ありがとう三昧の1日だった(笑)

終日静かな店頭ではスタッフT君が淡々とひとつひとつ修理品を復活させてゆく姿。 コレにはいつもの事ながら心の奥で本当に感謝している。

私はコレらに対し、何でお返しすることができるのだろうか、かたじけなさばかりが溢れる、この想いを次へと巡らせたい!!という想いが止まらない。ナニがドコヘ繋がるのかは、分からないけれど今は机に向かい精一杯の想いを詰め込もう。

些細なことしかできないからこそ、この大したことのないほんの些細なコトを、全集中で進めるのみなのだろう。  (と、いうコトにしておこう) 555枚中、残すところ約100枚。 いよいよ佳境か山場か分からないけれど、ココ肝心。やっつけ流れ作業には決してしないように。と自分に喝を入れる。

美しい西陽の、まん丸満月の、美しい輝きを私はあと何度直接体感できるのだろうか。そう想うと、人生の儚さがグッと身に染み入る。…大切にしよう、このイマを。

皆さま、ありがとうございます。