任せて任せず

松下幸之助さんのお言葉。

ーーーーーーーーーーーーー

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、人に仕事を任せる場合、

原則としては、こういう仕事をやりたいと思っている人にその仕事を任せる、

ということが良いのではないかと思います。

しかし、任せてはいるけれども、絶えず頭の中で気になっている。

そこでときに報告を求め、問題がある場合には、適切な助言や指示をしていく。

それが経営者のあるべき姿だと思います。

これは言いかえますと『任せて任せず』ということになると思います。

任せて任せずというのは文字どおり『任せた』のであって、決して放り出した

のではないということです。

ーーーーーーーーーーーーー

昨年、松下幸之助記念館にお邪魔した時に出会った言葉。

つくづくと…。

今ほど強く、この言葉を痛感した事はこれまであっただろうか。

いよいよ東京、その近郊、大阪、兵庫、福岡などで緊急事態宣言となりそうですね。

『普通』が普通ではない、実は『奇跡のような有難いコト』だったのだと、

誰もが痛感している令和2年春。

だから、といって特別大きく変化する訳でもなく、ただ、

「気持ちを落ち着かせて粛々と、イマをしっかり味わうことのみに、全集中!!」

と奥底で感じ、マイペースで静かな自分もいるようにも想えます。

小さな時計屋の主力、修理専門スタッフTくんは、いつでも粛々と作業をします。

「こんな時」でも、彼の仕事は今までと(私の知る限り16年近く)、何も変わりません。

「すごい子だな〜。」とつくづく感心するばかり。…感謝ですね!!

店頭を留守にし、用事を済ませに出かけられるのも、T君のおかげさま。

『任せて任せず』

この言葉を身をもって体感させて頂いております。

幸之助さん!! 素敵な言葉をありがとうございます。

さて、今日は火曜日定休日。

そして、かけがえのない大切なお方のご命日でもあります。

どうも苦手な事に対しては気がすすみませんが、経営者としてやるべき仕事を粛々と(笑)

そしていま在る奇跡のご縁に手を合わせ、心の波を鎮め…。

がんばらせていただきます!!

皆さま、どうぞ心身ともにお健やかにお過ごしくださいませ。

(写真はKさんから届いた奈良県、大神神社の桜です)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コロナウィルスの影響により、今しばらくの間、

11時〜19時 の短縮時間での営業とさせて頂きます

先の予定が決まらず、大変ご不便をおかけ致します。

お叱りはごもっともでございますが、

どうかご理解くださいます様、よろしくお願いを致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆