1月6日(水)

昨年末からの短期間で、多くの映画や舞台などを観た。

そして私の中ではそれら全てに意味があり、自分のリアルタイムも含めて、

どれもこれも全てが繋がっていた…。

まさに、これまでのこの人生50年を寸分狂いなく、選択を繰り返し生きてきたからこその、

「今こそが絶好のタイミング」だった!!と、 素直にそう想えた。

中でもおすすめの映画は『えんとつ町のプペル』かな〜。

数年前絵本が発売された時も、西野さんの姿勢に惚れ、何冊もの絵本を購入し、

周りの子供達あちこちにプレゼントしたくらいだった。

とにかく内容が簡単なのに、読めば読むほど深くて、深くて、どこまでも深い。

だからこそ老若男女性格問わず、誰もが今こその自分の課題に、

出逢えるストーリーなのではないだろうか。

・1日一度はゆっくりと空を見あげる

・夢や希望は確実に叶った前提で動く

・目に見えない事こそに真実がある、真を視る眼を

これらを普段から意識している私。

まさに意識してきた事と、えんとつ町のルールとが、正反対のドンピシャで、

映画なのかリアルなのか、分からなくなってその世界観に身を投じた数時間だった。

まるで今私達がおかれている現代社会とえんとつ村とが、重なって視えた。

煙いっぱいの雲に覆われた空の上に、星はあるのか?

あるかどうかは分からない、でもないことも分からない。

誰もみていないのだから。

「だからこそ信じぬく」を選択するルビッチの心の強さ。

アニメだからサラッと見流してしまいがちだけれど、言葉のひとつひとつが胸に響く、

とてもステキな映画でした。一人でも多くの方に自分ごととして観ていただきたいなぁ〜。

余談ですが (笑)

普段から愛用しているお靴を作ってくださっている神戸の靴屋さんもね、

えんとつ町にお店を出店されていて、今回 看板が映画に登場されていたのです(笑)

コレについては私自身はつい最近になって知った事なのですが、それすらも偶然ではなく

類友なのかな。なんて想えたりもして(笑)

皆さん、お時間作って映画館へ行って下さい。そして是非『えんとつ町のプペル』を

ご覧になって観て下さい。

今こそ、雲の上にある光り輝く星を、皆の目に見える様にするために、行動すべき時!!

そんな気がしてウズウズします。

どうするわたし!!

関係ないかもしれないけれど、なんとなく。

……先ずは。

輝は気から、真は芯から、てことで(笑) 毎晩お家で体幹トレーニングを

する事に決めたッ (笑)