10月19日(月)

コロナ自粛、真っ盛りの頃だったかな…、出会ったのゎ♡

沢山の中でも、キラリと輝く何かを感じた。

担当の方にお声をかけおことわりした上で、マイ布手袋をして、手元に置いた。

目線を合わせてジーと眺めていたら、ぐんぐん惹きよせられちゃって(笑)

ドイツで、ひとつひとつハンドメイドされている、シャウボーグ。

個性の強い時計で名のある時計だけれど、100本限定で発売されたもので、

シンプルに見えてこだわりの詰まった一品です。

数ヶ月待ち、ようやく仕上がりを迎え、時が参りました〜。

36mm。大きすぎず、小さすぎず。 38、40mmなんてのも普通にあり、

今では36mmはかえって珍しくすら感じるわたし的ちょうどイイ頃加減の、ケース。

それに対する厚みや重量感のバランスが絶妙〜。

文字盤は、真っ白すぎない乳白色(アイボリー?)。

インデックスは、1/5秒まで細かく丁寧に刻まれていて、真っ黒の二本の針と

小さめの数字がその刻みの美しさを引き立てている。

バランスよくところどころが赤で仕上げてあるので、目で見て優しい。

これは、少し深みのある赤い革ベルトが似合うかな。煉瓦色も良さそうだ。

なんて想いながら時計を眺めている。

どんな方が、どんな想いで、この時計をデザインし、組み立て創られたのか、

ここへ来るまでにどんな時を刻んできたのか。

悠久の時の流れに感謝の想いが溢れる。

この時計にご興味お持ちの方はお早めにお声掛けくださいね。

今なら、なんとかなると思います(笑)

人はもちろん、コトも、モノも、トキも、出逢いは宝物ですね。

ありがとうございます!