ソーラー電波時計

ここ最近、いやこの時期は毎年。

ソーラー電波時計なのに止まった!動かない!などのご相談が多い。

ソーラー時計はその名のとおり、光により充電されて動く仕組みになっているので、

文字盤に光を受けて充電し時計が動く、という事(笑)

当然だが、冬場に長袖に隠れて文字盤が常に暗〜い状態が続くと、

電池がなくなっていきエンプティランプの代わりに2秒運針し始め、

そのうち…止まる。

ソーラー電波時計の場合は、夜中に電波を自動受信し時間を

合わせる高機能付き。

これまた当然だけど、電波をキャッチする為に少し余分に

電池が消耗する事になる。

…という事は、充分充電されていないと受信するだけの体力が無く、

時間が合わせられない、そして…止まる。

時計屋やってる私からみたら当たり前のように思うけれど、

「止まらない、狂わない」と説明を受けて購入しお使いになってる

消費者の皆様にとっては、止まった!あわない!壊れた!となるのも、

ある意味当たり前の事なのかもしれないσ(^_^;)

時計屋さん、しっかりしましょうよー(笑)

せっかくご購入頂くからには、気持ちよく安心してお使いいただくための

アドバイスや御説明は最低限したいですね〜(#^.^#)

ソーラー電波時計をお持ちのお客様!

是非時々は窓際の直射日光の当たるところで充電させて下さいね(笑)

 

ただいま小さな時計屋の作業スペースの片隅にあるソーラー充電器には、

お客様の腕の中で止まってしまった沢山の時計達が、預かり &充電中デス。

充電満タンになって元気いっぱい 持ち主さまの所に帰ろうねーー(笑)

せっかくの高機能付き時計。どうせなら、うまく使っていただきたいです。

テル