ソーラー電波時計が狂う

「 ソーラー電波の時計が狂う 」というご相談を、

毎日の様にいただく。

販売時に時計店からお客さま方へのご説明が行き届いていないのが

原因かと思います。

可能な限り分かりやすく、今後気持ちよくご使用いただける様に、

と意識してご説明差し上げている(……つもり)

お一人でも多くの方にこの情報が広まれば、ソーラー電波時計をお持ちの

方々に、時計を気持ちよくお使いいただけるきっかけになる。

と思うのだけれど。

ココから先は私が私物の時計で試してみた上での見解ですが、

よければご参考になさって下さい。

文字盤が、最近また 外でよく見かける様になったあの「ソーラーパネル」

とイメージして貰うと分かりやすいでしょうか (笑

屋根の上のソーラーパネルに光が当たらなければ発電はされません。

時計の場合、小さな文字盤にあたる光だけで充電するからすごいですよね!?

しかしながら、自然の明かりでは、維持はできても充電するには明かりが足りない

のです。(もちろん全ての時計に当てはまるとは限りませんが)

できれば春夏秋冬ワンシーズンに一回 (3ヶ月に一度) くらいでイイので、

お布団干したくなる様な快晴の日に 、窓際のサッシのところにでも

1〜2日置いていただく。これが一番 良いのではないか、 と思います。

お布団を干す日に「一緒に時計も」という感じもオススメ!

癖になれば大したことではありません(なんでもそうですが) 。

しっかりと充電されていたら、電波のキャッチに失敗することも少ない

様に思います。 (全てのソーラーが電波時計ではありませんが)

充電不足気味では電波がうまくキャッチできずに失敗、

それが元で狂ったり止まったりすのです。

しっかり充電して気持ちよくお使いいただける様、日頃のちょっとした

癖付け、お試しになってみてください。

いかがでしょう?

少しは参考になりましたでしょうか?

どうぞ快適に「止まらない、狂わない」を満喫してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

みなさま今日も、素敵な日曜日をお過ごしください。

てる。