2021年12月17日(金)

ここ数年急激に次々と違う景色が視界に入ってくる様になってきてたように感じる。  笹舟に乗って流されている小人の気分になったりすることがある。面白いご縁や、不思議なゆかりを感じることしか起きなくなって来たのもそのせいかって(笑) もはや広げず、できるだけモノゴトを出来るだけ狭めて狭めて進んでゆこう、とかって事を考えてみたりしている。

友人との会話、家族との関係、目の前にやってくる事ナニもカモがナニもカモと確実に繋がっていて、それらは目には全く別の様に見えるそれぞれの場所にいながらも共に連結、そして連動している。という事を、ひしひしと実感している。

もちろん仕事も然り(^^)

そんなこんなですが、今日は先日依頼が重なった天賞堂シェルマンのご紹介をしておこうかな〜。

明治創業という歴史を持つ天賞堂の人気者、SHELLMANシェルマン日和。 有名な時計とはいえ、月に一度程触らせていただくか否か、の時計。   午後のたった数時間で、三者3点ご依頼をいただきました。

シェルマンのパーペチュアルカレンダーの電池交換。 電池交換には時間を要することになりますものの、時計本体に問題がなければ、何日もかかるわけではなく数時間でお渡しとなります。

小さな時計屋では、シェルマンパーペチュアルカレンダー時計の電池交換については、3,450円(税込)/通常2〜3時間程で、お受けしています。

「どんな時計の修理も、出来ることはやらせていただきたい」そう想い受け付けして来たからこそ、スタッフの経験や技術も相当なものではないか、と私は感じています。

気持ち良い流れで年始を迎えるためにも、止まったままで諦めてしまっている時計、治すか否か迷っている時計、など、お持ちになってみませんか!?

アハハハハッ(笑) 結局のところ、単なる宣伝でした〜笑!!

みなさま今日もステキな1日を〜。