2021年3月19日(金)

通勤以外はあまり外に出る事がないものの「春の陽気がいよいよ本格的!」

と強く感じた18日。

通勤途中の梅の木に、いつもの2羽が仲良く戯れるのも、あとほんの数日なのだろうなぁ〜。

空の青と茶とピンクの中で、ウグイス色の羽がチョンチョンと、飛び跳ね動き回る、

あの姿はなんともキュートッ (´∀`)♡

昨日は、駅の構内で袴姿の女性を多くお見かけしました。 華やかな和装が花を咲かせ、

構内全体が春らしく、なんとも美しい光景〜でした。

ご卒業された皆さま、そしてご家族さま、おめでとうございます㊗️

ひとつひとつにそれぞれのドラマがある、そう想うだけで込み上げるものが

あるものです。 それをこうして実感するのが春。 てことなのかな〜

式典の大切さと必要性をしみじみ感じる2021年の春です。

例えば、時計の革バンドをその日の気分や服装、また季節やシーンに合わせて

付け替え(お着替え)をさせながら使う方がここ数年で、随分増えてきました。

(クリック加工/1セット2本1,100(税込)/15〜20分)

革の色や素材を変えるだけで同じひとつの時計もその表情が全く変わります。

それと同じ様に、

人にもその時その場に合わせることが求められている。

いつの間にか副業が認められている世の中の様に、別のステージで、全く別のことで

異才を放ち、大いに輝く事だってある。

オンとオフを使い分け、二足の草鞋を履いてもいい。半端なくそれらがかけ離れていたっていい。

ダレと、ドコで、ナニをするのか。

一役に徹して頑張らなくても、二役も三役も配役してもイイ時代。

「頑張る自分」と「無理しない自分」。こっちもいいけどそっちもいいね。

人も時計も同じだな〜。 なんて。

当たり前でちゃんと見えていなかったことを修理品達が教えてくれる毎日。

そのことに気づけた自分にすら感謝しかありません。

何より、修理品が自分で歩いてくる訳ないのだから、その修理品達を預けてくださる

皆様のおかげさま!!ということです。

それをキッチリ修理するスタッフのおかげさま!!

ありがとうの循環の中で感謝いっぱい生かされている幸せを噛み締めながら、

静かに過ごした木曜日。 ありがとうございます♪

本日も、皆さま充実の1日をお過ごしくださいね、

そしてどうぞ小さな時計屋を、よろしくお願いします。