お天気

そもそも「お天気」という言葉は

空高く、雲の上のもっとその上におられる天様の

気分!? からきているのかな。

雨が降ると「神様が泣いている」と…なぜかそう信じていた頃があったなぁ〜。

「天にみなぎっている精気」と捉えられていた頃もあったようですね。

三重県の一部で凄い豪雨だった様なので、お客様方の中にも、

大変な思いをされた方もおみえになったのでは、と気がかりな

金曜日でした。

お天気が良い、と言えば「晴れ」の事。

お天気が悪い、と言えば「雨降り」の事。

普段は快晴の青空の下で過ごすのが気持ち良い。

でも、時には雨の中で心鎮めたい時もあり、

そんな時はお天気が良くない方が良いと感じる(笑)

人とは勝手なものですね〜。

金曜日の空は、私にはなんだかとっても美しく写りました。

今日、9月7日は「有限会社 小さな時計屋」誕生の日。

いよいよ16年目のスタートです。

山あり谷あり、全て良し。

天気の良し悪しもそれなりで、オールOK!全て良し。

1日の終わりに、お空に、そして自分に「ありがとう」が言える様な、

そんな毎日を過ごしたいものです。

皆さまどうぞ充実の週末をお過ごしください。

ありがとうございます。

てる