6月16日(火)

1人お出かけ。愛車と共に大津まで「時の記念日詣り」をさせていただいたあの日から、

早いもので、もう1週間が経つのですね。

時折、時間経過のスピードについていけなくなって、自らシャットダウン

しようとするもう1人の自分がいる。

時の記念日100年目の今年。このタイミングでイマココにいるコトの意味とは…。

なんてことをかんがえさせらる。

数年前にご縁をいただきその時から尊敬してやまない、出路雅明さん

(ヒューマンフォーラムの会長であり、ちょっとアホ理論などのビジネス書の著者でもあり、

理想のリーダーといえばこの人!)

の興味ひく投稿と自分の頭の中で考えていることとがシンクロニティを起こし、

それが身にジワっと染みてきた。

自分の頭の中で消化するために、アウトプットしてみよう。

シロツメクサとクローバーが集まって、いつの間にか公園まるごと

「四葉のクローバー摘み放題スポット」になっていた、て話かな。

(みんな違って、それぞれ良くて、みんなが主役。て話…かな。)

ゴール(経営理念、目標や指針など)を決めて、スタッフ皆で運動会の二人三脚や、

ムカデ競走みたいに共に、息を合わせてイチニイチニと前に進んでいこうとする考え方

について。スタッフ全員コレを覚え毎日唱和。

少し前まではそれが普通のことの様に思えていたし、皆が同じ方向を向いて頑張っているのは

カッコ良くも美しくも視えていたな…。(マスゲーム的とも言えるかな)

…まるで軽い軍隊ッ(笑) はみ出すとそれなりの代償を払うようなとこもあり…。

私自身はわがまま王国のお姫様志望みたいなおばちゃん(苦笑)

だから決してサラリーマン向きではないタイプであり、実際小さな時計屋は、

私が納得できるか否かの自分流でここまで来た様にも想う。

「それ経営者として間違ってるよね」なんていう種の言葉は今まで何度も先輩方から

言われてきている(笑) そう言われながらも自分流貫いてここまできた…。

結果、今は 『 バラバラでもイイんじゃないか 』て想う様になったのです…。

もちろん理念も指針もあるしその様な「おおまかなくくり」みたいなものはあったほうが

イイと思う。

その大きなくくり(共有できる価値観や共通の目的などを有する集合体) の中で、

皆がそれぞれ主役をはって、やりたい事をやって、頼り頼られ、助け助けられ、

泣いて笑って、時には1人はみんなのために動きみんなは1人のために動くこともあり。

普段はみんなバラバラなのに、大きなくくりでひとつ。…そんな感じ!?

そこを目指せたらイイな。て…。

というか、そんなのが気持ち良さそうだな〜。という感じが近いかな。

あ〜ん、また迷子だ。 訳わかんなくなっちゃった(笑)

もう少し消化できたらまた続きを聞いてくださいね。

本日火曜日、小さな時計屋定休日。

皆さまどうぞしっかり水分・塩分補給しながらお健やかにお過ごしくださいね。

長々とありがとうございました。