5月21日(木)

名古屋駅。デパートの営業再開と共に、以前とは少し空気感が変わってきた様に感じます。

日に日に人が増え、音が増え、響きが変わり、

なんだか少し前のあの時の光景が、夢か幻だったかの様な……。

嘘の様に賑やかな街へと戻ってゆくのでしょうか。(それは無いか)

自社含め『お店さんによって、その対応がまった違う』という事に、何か少し違和感を

覚える私がいます。

飲食店の入り口でとめられ検温を受け、アルコール消毒をしてから店内にどうぞ、

というお店さんもある。

お席をひとつ飛ばしにし、半分は空席にし「こちらの席はご使用にならないでください」と

いうプレートが置かれているお店さんも少なくない。

かと想えば、以前と比べて数席を減らしたかどうか、分からないくらいお隣さんとすぐ横で

お食事する事になるお店さんもある。

これからの『新たな日常』を、少しずつでも、争わず・ぶつからず・創ってゆけたら

イイですね。 誰がイイでもワルイでも無く、それぞれの感覚の違いが大きく

映るだけなのだもの…。

ただ、気を緩めついつい…となり、もし…。

もしまた、あの一連の流れを、 繰り返す様な事になると……。

『ピンチ』なんて言葉では済まないだろうな。

電池交換、金属ベルトの修理、メンテナンスのご依頼、などなど

多くの時計達が、再び復活し時を刻み始めるという瞬間に、立ち合わせていただきながら、

なんだかその、ひとつひとつが、自分事で。 ……深いところに響く。

そんな想いに、包まれる水曜日。

『微力だけれど、決して無力では無い』 『大河の一滴』

そう信じ、目の前のことやるしか無いですね…。

がんばりましょう〜。

多くのおきゃくさま方の、「ありがとう」に支えられ、ありがたい毎日です!!