12月16日(水)

15日火曜日は今年最後の新月。

ひとつの流れが終わり、また始まる。名古屋は朝方初雪が舞いました。

出かけ際、名古屋のお城を後ろに控えた加藤清正公からあるメッセージを受けた。

冷たいみぞれ混じりの雨も、時固める為の、必要最善な計らいの様に想えた。

月に一度の豊田市までのドライブも、ナニカ・ドコカ新鮮な気持ち。

せっかく今日が今日で在るのだから、新月らしくゼロになろう!て

そればかり(笑)

数年住んだことのある地の、氏神さまの元へと愛車が向いた。

ひっそりと小さな八幡宮。

数年この近くに住みながらも、過去に一度しか行ったことのないお宮へなぜ向いたのか

その時は何も分かっていなかった。

この冬一番の冷たい風の中で、美しい紅葉と黄色い絨毯が迎えてくれました。

そしてそれよりもの驚きは、

なんと何本もの冬桜がその地一帯を御守りするかの様に咲いていたこと。

冬桜の花言葉は「冷静」だそうです。

「冷静に物事決めてゆきなさい」とのお告げだったのかもしれませんッ(笑)

冷たい風に頭も冷やされどこか、スッキリ!

今年のこの流れの中、波に飲み込まれ流されながらも

こうして乗り換えられていることに、

何より、今こうして生かされていることに、感謝のお礼参り。

お参りを済ませた途端グーンと雲が立ち込め一気にみぞれと雪混じりの雨が降り始めた。

「ありがとうございます。」

数日前から身体の中も頭の中もでき得る限り「空っぽ」にして迎えた新月。

『 私はいったい誰。ドコで、ダレと、ドウ生きたい。』

今一度立ちかえり、本気で想い起こす時なのかもしれません。

ありがたい奇跡に包まれ、小さな幸せ でい〜っぱいの火曜日でした。

さて、gotoも停止の様で、コレからどこへ向かうのかな。

『人生行き当りバッチリ旅』もいよいよ佳境に入る予感です!!

グッと寒くなりますが皆さまどうぞ暖かくしてお過ごしくださいませ♡