赤い革ベルト

ひんやりする季節になると、小さな子供の頃のある日ある瞬間を

フッと想い出す光景がある。

今話題になっているアナ雪の原作になったとされる童話「雪の女王」。

そして動揺「赤い靴」。

読んでいた時、口ずさんでいた時、自分がどんな洋服を着ていたかも、

どんなお部屋にいたのかもはっきりと覚えている(笑)

不思議なモノですねこうゆうのって。

昨日のご飯も何食べたか忘れるくらいなのに(笑)

おっとっと…。

今日は赤い靴ではなく赤い革ベルトのご紹介ですッ!!(笑)

私は少し前から、オーストリア🇦🇹ヒルシュブランドのオシリス

という赤い革ベルトをお気に入りの時計(ユンハンス )に、合わせて使っています。

使用感は心地よく、見た目のシルエットやお色みは気持ちよく、

とてもイイカンジ♡

「このイイカンジ」が最も大切!!て想うのです。

好きなモノ、心地よいモノ、を身につけることが、happyに繋がり。

やがて大きな幸せの中で活きることに繋がる。

「好きなモノ、ちょっといいモノ、に囲まれて過ごす」

コレは「幸せ」への近道。

ご常連のK様が時計の革ベルト交換のご相談にお越しくださいました。

ハミルトン の時計に赤とボルドー、いやバーガンディと呼ばれるお色の間の様な、

艶がなくマットな質感の赤をチョイスし、合わせていただきました。

フランス🇫🇷ロシェブランドのマッドカーフ。

うーん、赤の革!!どうですか!?男性の赤の革ベルト使用。

「いいと想う!!」て方も多いのでは!?

クリスマスに向けて。いやこの冬!!

皆さま「赤色の革ベルト」いかがですかぁ〜!?!?

赤色が目につくところにある事で、人は少し元気になります。

なんだかいいな、赤色の放つ熱♡

今週で11月も終え、あっという間に12月がやってきます。

どうぞ皆様心ポカポカにして赤色の温かい熱を取り込み、

元気に冬をお迎えしましょう〜♡

ありがとうございます😊

てる