2021年5月9日(日)

昨年からよく耳にする「緊急」という言葉。いったい「緊急」て、どんな意味だろう。 突然気になってきた。

『至急』と聞けば今していることの手を止めて取り掛かるべきことと捉えるだろうな、私は。

『早急』と聞けばできるだけ優先して、早めに取り掛かろう、と感じる。

では、『緊急』て!?

「重大な事態だからとにかく急いで、大至急」という感覚を、以前の私は持っていた様な気がするな、て。 今は!? その感覚が全く違うところに在る様に感じている。

「緊急」という言葉の定義や意味が、変わってゆくのだろうか。だとしたら本気の際に使う過去の、『緊急』に変わる新たな言葉が生まれるという事になるのかな。 なんて事を妄想したり。

少なくとも「緊急を要する」といった類の言葉を聞いても、私は今まで程オタオタと動揺をしなくなるのではないか。という気がしている。コレは私にもたらされたギフトでもあるだろう。ナニか、コトが起きると、呼吸を忘れオタオタして、慌てて焦ってとんでもなく取り乱すタイプだから。

そう言えば。

昨年よく耳にした『有事』という言葉。最近聞かなくなった気がするなぁ〜。  もう、この今の状態を『平時』『日常』とし、生き方や考え方を変えてゆくべき時、という事なのだろうなぁ〜。

なぁ〜んて事を(笑)

少し離れてみてはじめて視界に入ってくること、日常は眼に見えないことで溢れていますね。 ありがたいコトです。