2021年4月3日(土)

時計のベルト、といえば金属でしょ!と言わんばかりの、金属ベルト主流の頃も

あったけれど、その反動でしょうか、ここ数年は全くの逆現象がおき、買ったばかりの時計の

金属ベルトを外してまで「革に変えたい」というご相談も多い。

おかげで時計業界に、ほんのちょっとした『空前のベルトブーム』がおきている(笑)

「 誰もがひとつの時計に2本以上の革ベルトを持つ様な、そんな世の中にしたいね。」

そんな事を業界の先輩方やお仲間方と夢の様に語り合っていたあの夢が、今まさに

現実となりつつある(笑)

i

今日のご紹介はオーストリア🇦🇹のヒルシュブランドより裏がラバー素材の

防水性抜群の牛革 Paul(ポール)。

クリック加工がしてあるので簡単脱着可能です。

革ベルトはすぐ傷んでしまうから、とお悩みの方には一番のオススメです。

普段は純正ベルトで使っていても、クリック加工されているので

例えば外回りで汗をかきそうな日や、休日はこちらに着替える、なんていう

使い方も有りです。

表は本牛革の型押し仕様なので、スーツにもピタリと合います。

同色ステッチのポール以外にも、脇のステッチのお色がホワイトのシリーズ(ジョージ)

もありますのでお好みに合わせてお選びいただけます。

お色はブラック/ブラウン/ネイビー。

是非店頭でお手にとってその凄さを体感してくださいね。

ではでは、皆さま今週も素敵な週末をお過ごしくださいませ〜