2月27日(土)

今年に入った頃……いや節分頃からだった!?……かな!?

とにかくそう、少し前から。

時折何故か、やたらふと脳裏に飛び出す童話の記憶と、絵本の中の挿絵たち。

それも、人魚姫、青い鳥、赤い靴、親指ひめ、雪の女王、小人の靴屋、

題名も出てこない他のいくつもの、ツギハギになっている記憶のカケラ達が。

まんま、ドーンと脳裏にでっかく仁王立ちするから……。

コレ、……なんだろ。 ナニカのヒント??読み返せということ!?

それも、一度ではなく何度も。てことは「ナニカ」意味があるのだろうと…。

時間を割き。書店へgo〜!!50の私がさ、絵本を大量に買ってもね…。

なんてコトを、思いながら。

大きな大きな本屋さんの中で、ほんの一角にしかない童話コーナーを、

数時間一人で独占しておりました(苦笑) ……怪しい人でしたね。

案の定。レジでは「贈り物用にお包みしましょうか?」と声をかけていただいた(笑)

これからどんなヒントをキャッチするのか、ナニカ感じるのか、大切な忘れ物を

思い出すのか…。全くわかりませんが……。

ただ、感じたコトがひとつ。

童話コーナーの本棚にあるほとんどの背表紙のタイトルが、見たコトのあるフレーズ

だったことに驚きました。

コミュニケーションが苦手な私にと、両親はすごい数の本をあてがって

くれていたのだなぁ。 イソップよりは、アンデルセン、グリム童話、が好きだったみたい(笑)

子供の頃から親の強制には背を向けて、ただただ王子様が助けにきてくれると思い込んで

お迎えを待っていた私(笑)

学生時代に王子が現れ翌日うちを出て、愛情不足を補うかの様に過ごした若かりし頃。

なんだかぐるぐる走馬灯の様に映像が流れるけれど、更にさかのぼって幼少期。

うちにあったすごい数の絵本の存在を思い出し……。

私が記憶し、思い込んでいたもっとその遥か前に、私は。

もしかしたら、とっても大切にされていた頃があったのかもしれないな。て……。

残念ながら挿絵まで同じものを「コレだ!」て見つけるまでには至らなかったけれど、

今一度、読んでみようと、読み聞かせ用の本を何冊かいただいてきました。

『親に対する心の持ちよう』 購入した時点で、読み始める前に衝撃波と共に

大きな揺らぎの中にある不思議な2月末。

今日明日は、2月の締めという一年で最も厳しい月末にも関わらず、意識は

「童話漬け」になりそうですッ。あ、だからこその今なのかな。

いやぁ〜。

全てはうまく、完璧に計らいの中にあるものですね(笑)

アレもコレも、「全てに感謝」コレに尽きるということの様です。

ありがとうございます!!