9月18日(金)

17日の新月に合わせてか、内側でいろいろな変化がおきている。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、ご常連様からお掛けいただいたお言葉にはたと気づき、

少し珍しい箇所についての時計修理のご依頼があれば、なるべくこういう場で、

発信し、ご紹介をしてゆこうなんて発し、

もちろんそう想い、決めてはみたものの…(笑)。

それを意識した途端に、何が珍しいのか、そうでないのか?

これは皆様ご存知か? そんな事ないか? てこと事態が……。

よく分かっていない自分がいることに気づいたっ アンポンです (笑)

そんな訳で、何度も聞いてるし、そんなの必要ない〜営業かよ〜とか、て

思ったら、今日はこれ以上読み進めずにサラリとスルーしてくださいね。

決して、しつこい営業活動、ではございませんので、どうぞあしからず…。

今朝は、『時計の針の変色』の修理について。

深みのある藍色(濃い青色)の針が、酸化してまるでシルバー製品みたいに黒ずんでいたり

変色退色していたり。

そんな時は『青焼き』という方法でご対応させて頂きます。

綺麗な艶々ブルーが復活します!!

金色の針が、黒ずんでしまい、もともと青色だったのか、ゴールド(金色)だったのか、

分からないほど変色していたこの針。

金メッキを施すということでご対応させて頂き、無事に復活致しました。

錆と変色があったとは思えない仕上がりです!!

もちろん針を塗り直す以外、『針の交換』というご提案で対応させていただく事も

ございます。

皆様の想像、そして理想はどこにあるか分かりませんが、きっと理想を現実にする事が、

可能なのではないかな!?と思い、お受けしております。

時計は、腕に乗せたら外すまでの間、常に視界に入るアイテム。

少しでも気分が上がる方がイイし、モチベーションはアガルだけアゲておいた方が、

運気も気分も確実に、UPする(笑)

時計自体とお持ち主様が、少しでも気持ちよく、心地よく、時を刻まれます様に、

小さな時計屋にできることを増やそうと追求してきた結果であり、これはスタッフと職人さん

皆さま方の努力が生み出した結果♡という事です。 感謝です。

時計の針は、修理・交換の選択が、時計の種類・状況などにより異なりますので、

詳しくはどうぞお気軽に、ご相談くださいね。

あっという間にまた金曜日!!それにしてもはやっ!!

その上、今週は火曜までの4連休なのですね。

会いたい人に会い、食べたいものを食べ、行きたいところへ行くことができる。

そんな幸せな時が、もれなく。 皆様のもとに刻まれます様に…。

どうぞ 充実の時をお過ごしくださいませ。

ありがとうございます。