時計屋の仕事

小さな時計屋の新しい仲間 Y君が加わってくれて

ちょうど2週間。

仕事を教える、てすごいパワーが必要な様です。

「知らない人に知ってもらう」て事は、自分もその内容そして

本質を知っている必要がある。……て事。

これに気付き、いま自分自身が「時計屋の仕事」について本気で考え

させられている。そんな気がします。

モノゴト全てに意味があり、原因があって結果がある。

当たり前の事だけれど、これまで深く考えずにただ直感や雰囲気、

お客様の顔色を見ながら自然にこうしようあーしよう、

でここ迄やってきて。

いまそれを誰かに教えるとなると自分自身が立ち止まる。

コレって、この11年の小さな時計屋のスタイルをも振り返り、

小さな時計屋のスタイルを確立させるべき機会をいただいている!

てコト。

Y君に教えるはずが、自分が教えられているような気分。

時計屋の仕事は、時計を売る、時計を治す、だけじゃない。

お客様の想い出を 創るお手伝い、復活させるお手伝い、

コレがウチの仕事。

コツコツそして淡々と「目の前にいるお客様に喜んでいただける事」を

 もっともっと心と愛を込めて、日々続けよう!  

「 Y君と共に、成長したい。」と、目覚めた神戸のホテルの窓辺に立ち

そこから見える北野の街を眺めながら強く思った。 

 
「小さな時計屋」スタッフ一同、更にパワーUPすべく、

精一杯努力し 、そして笑顔で楽しんで、過ごしています!!

数年後!?    乞うご期待ー☆   (笑)

テル