2022年4月15日(金)

あれから6年。生まれ故郷の地で起きた大きな地震の事を知った時の、動揺と衝撃を昨日のことの様に思い出す。 私たちがこうして今、ココに、呑気に過ごしていられることが、当たり前なんかでなく、とても大きな奇跡なんだな、と。      ……つくづく、思わされます。

道路が開通し、建物は建て直され、崩れた墓石は新しくなり、それでもまだ3月末付で、37世帯95人の方が、尚仮設住宅にお住まいとの事。     お一人お一人のお気持ちを汲んでおさまり良く、なんて訳にはいかないのでしょうけれど。 心穏やかに、安心して、生きることのできる世の中になるとイイなぁ。 そんな風に想う四月の折り返しです。

店頭では、時計修理のご依頼やベルト交換のご相談などご利用いただいています。上の写真(ディズニー時計)は割れたガラスと電池を交換の上で、革ベルトを交換したいとのご依頼でした。キレイに蘇りお喜びいただきました。

こちらのエンポリオアルマーニは革ベルト選びのご相談。 スタッフT君のおすすめでダークブラウンのカーフ革をお選びいただきました。(イタリアモレラートのガウディシリーズ/8,800)

そしてこちらのグッチは金属バンドのバックル不良修理のご依頼でした。金属バンド全体のサビや汚れを落とし、破損したバックル部分のパーツのみ交換をさせていただきました。

時計のちょっとした不具合、諦めていませんか? つい、そのままになりがちな「ちょっとした不具合」 お早めに、小さな時計屋へ(笑) お気軽にどうぞご相談くださいね。

誰もが、どんな時も大きな奇跡に包まれているのは確か。  それぞれが、それぞれにとって最善の時が刻まれます様に。