新たなな一歩

人生に何度か訪れる大きな大きな分岐点、での出会いのお話。

もう随分前のことですが。

それはそれは不安で、怖くて、寂しく悲しく、とにかく怖くて、

泣いてばかりの春でした。

そのあげく、不安も怖さも通り越し、実際失うものなど何もない!と、

完全に開き直っていった……(苦笑)

そうして、夏を迎えたんだっけ。

その夏。初めて正社員として社会に出て働き始めた。

その時の職場の先輩が、久しぶりに、会いに来てくれました。

かれこれ、20数年前…の事。

25歳で初めて社会に飛び入り参加し、何も知らず、なにも出来ず、なのですから

当時では当たり前だったのかもしれませんが、毎日本気で怒鳴られ、本気で叱られ、

の繰り返しで、滅入る事すら許されない過酷な毎日。

そんな厳しい大御所級の大先輩方が多い中、ニコニコ笑って見守り、いつもそばに

ついててくれたお姉さん の様な存在でした。

その存在に救われ、なんとか頑張れたことが、その後20数年の時を超えて、

イマココに繋がっていているんだと…。

パズルのピースが収まるべきところに収まった時の様に「パチン」とハマった。

そして、彼女は昨日もあの頃と変わらず、ニコニコと楽しそうに笑っていた。

やっぱり笑顔で機嫌よくいることが、成功する為の法則の様です。

成功=○○○ は人それぞれだけれど、彼女はとにかく、いつだって幸せそう。

体調崩したり、トラブルに巻き込まれたり、ナニカうまくいかない時、て

笑顔が足りていない時なんだ。

昨日は、それに気づかされた日だった。

「おい、笑顔足りてるかぁ?!」と、喝をいれられた様な気がして、

ドキリとした!!

20数年前彼女から教えて(気づかせて)もらった事柄達を、

今一度想い起こしてみよう、答えはそこに眠っている。

大嘗祭を終え、いよいよ日本も新たな流れの幕開けです。

さぁ、新たな一歩。

笑顔と感謝を忘れずにいたいものです。

ありがとうございます。

全てのご縁に感謝ですね〜、間違いなく今、とっても幸せです!!

今日11月15日は七五三。

どうか、子供達が笑顔で過ごせます様に。

皆様、どうぞ今日も機嫌よく笑顔でお過ごしくださいませ〜♡

てる