想いを伝える

令和の時代が始まり、あっという間の1ヶ月。

天皇皇后両陛下が愛知県にお越しになられました。

前日からすごい人の数と警備。 名古屋駅は、尋常ではない数の人、人、人。

警備の方の言葉などどこ吹く風!? 思い思いの場所で人々は立ち止まる…(笑)

そんな光景を見ていたら、人の心理行動の不思議迷路。

なんだか、興味津々!!

そして店頭でも、言葉選び、と話し方、伝え方、

言葉に想いをのせて届けること、の難しさを痛いほど、グサリと痛感する、

そんな 6月1日土曜日でも有りました。

一生懸命が一番、とは限らない。

それぞれの想いのかけらが、あちこち自由に、浮遊している中では、

ゆったり 穏やかに、伸びやか 健やかに(?!)

言葉が多過ぎても、少な過ぎても 伝わらない。

一生懸命になればなるほどうまく伝えられず行き先違いになるものかもしれない、

そんな気がする。

( もし、それが電話だったとしたら尚更、そうであろう。)

大切な想いを大切な人に伝えるべく、私たちは、どの言葉を選びどの様に伝える?

話し方はどう? 声のトーンは最適? 表情は? 下向いて話していない?

今一度、そういう小さな事。ひとつひとつ(イチイチ)を丁寧にお伝えできる様、

姿勢を正すべき時の様です。

少しでもこの想いが皆様に届きますよう「言葉選びと伝え方」

本気で、意識!!

「どんな時も丁寧に。言葉に想いを乗せて届けます。」

6月のテーマはコレです、どうぞよろしくお願いいたします。

てる