復活のお手伝い

時計・貴金属の修理、加工やメンテナンスがメインの店「小さな時計屋」

ある意味、というか当たり前のことなのだけれど…。

今日はなんだかおかしな独り言になりそうです……(笑)

(いつもの事ですねー笑)

毎日毎日の、フツーにも感じる日常の中で、

動かなくなった数年前の時計が職人の手にかかりオーバーホール(分解掃除)を経て、

無事に気持ち良く動く様になって復活する。

不意なことでち切れてしまったネックレスが、職人の手によって

繋ぎ合わされ、まるで新品の様に輝きを取り戻し復活してゆく。

改めてその存在を喜ばれながら、お持ち主様のお手元に帰って行く。

そんなお姿を日々、見届けさせていただく。

そんな、当たり前の有難い日常の中で、時々……。

「おーコレが!」「そういうことか!」と、人生を豊かにするとてつもないデッカイ

気づきを…修理品達が、私の腹の奥底に、ダイレクトに与えてくれることがある。

(頭で知ってても心底わかっていない事だらけですものねッ)

切れてしまったネックレス達が、長年信頼する職人Uさんのとこから帰還した。

1点ずつ、仕上がり確認作業をしている時に、フッと想った。

切れて、それでもお持ち主様が諦めずにお持ち込みになられ、

それが職人の技によってロー付けされる。

火を入れられ、熱を浴びた分真っ黒になり、そして磨かれ、ピカピカの新品の様な

輝きを取り戻す。そして結果、お直し箇所は、以前よりも数段強くなる。

あ…。

コレを「モノゴトの摂理」とでも言うのだろうか…!!

ぶつかって、こじれたり絡まったりそしてちぎれても諦めず、共に試練を越える。

トラブルや試練を越え結びついた絆はなんといっても強い。

皆様からお預かりしたジュエリー達がそう腹の底に気づかせてくれた。

素敵な週末でした。こんな風に気付けるのは、少し以前よりもお店がほんの少し

静かだからこそなのかもしれません。

「全てはうまくいっている」そんなある人の声が耳元で聴こえる。

ありがとうございます😊