大自然のホワイトライオン

数日前に、BS朝日(BS5)で夕方から

 「地球紀行 ~奇跡のホワイトライオン!絶景!南アフリカ砂漠に咲く花畑~」

こんな番組のテレビ放映がありました。

10年以上前、名古屋市民大学講座で初めてお会いし、大好きになった

岐阜出身の写真家 野村哲也さん。

とっても熱く、とっても優しい、魂の綺麗な少年の様な哲也さんの番組!!

一晩で録画を2周りしました(笑)

  
南アフリカで、奇跡のホワイトライオンに出逢えるまでの

哲也さんの想いや執念、ここまで来るのにどれだけの下調べと、

努力をされたのだろう。

そしてそれを、微塵にも感じさせない哲也さんの世界観が素晴らしく、

大きく、優しく、溢れる程の素敵な笑顔に、感動しました。

ドキュメンタリーにプラスして私の哲也さんに対する感情が高ぶりドキドキ!!

気づけばテレビの前で、祈る気持ちで画面に釘付けでした。

世界の自然や生き物に目を向け、繋がりを感じる写真を撮り続けてみえる。

ナニカについて、ここまで深く、想いを込めて、接し掘り進めるお姿は、

なんだか今の私達にとってとても大切なものを、

そしてそれを忘れかけている事に気付かせてくれた様に感じ、

「動物や自然と接する番組」でありながらも、今の私に足りないモノを

ご教授いただいた様に思えました。

ナニカからナニカ、を学ぶ。ナニカから気づきを戴く。

そしてそれを違う誰か、違うナニカ、に繋げる。

こんな風に人生はバトンを渡しながら、そして大きな大きな繋がりの中で、

地球に抱きしめられながら生かされているのだろう。

なーんて(笑)

ちょっぴりセンチメンタルな感情を思い出しました(*^o^*)

  
南アフリカの広大な砂漠のどこかで、

年に数日だけ咲き乱れる砂漠のお花畑だそうです。

しかも毎年花種類も色も、そして場所も、違うのだそうです。

地球、てスゴイですね(≧∇≦)

テル