ソーラー電波時計と小さな時計屋

なぜかいくつも同じ(といっても少しずつ違うのですが) 様な CITIZEN

XC (クロスシー)が集まって来た。

「ソーラーなのに止まったんですけど。」と。

あかり(充電)不足、あかり(充電)不足、あかり(充電)不足と磁気帯び。

「とっても残念……。」

そもそも、お求め頂いた際に、時計店はソーラー電波時計について

お使いになられるお客様方に対し、充分なご説明をした上でお渡しを

しているのだろうか…。

いや……。

していない。から……/こうなるのだろう…。

「止まらない狂わない」という、響の良いキャッチフレーズだけが

一人歩きしている ソーラー電波時計 達。

時計屋として、これは少しでも一人でもお伝えをしていくしかない!!

時計業界が撒いた不得の種は、業界で刈り取らなければ。当たり前の摂理。

と、ソーラー電波時計の充電、電波状況や設定の確認、そして今後のご使用の方法、

について、ご説明をさせていただく毎日。

可能な限りはもちろん、やらせていただきます!

料金はいまのところは、頂いておりません。

でも。

時間がない、預けたくない、早くして、は残念ながら、無理なのです。

先ずは1週間から10日はお預かりします。

数日24時間体制で光の箱の中で充電満タンに近づける、そして磁気帯等のテスターチェック

後に、いったんリセット設定。それからようやく電波設定状況の確認。

そして受信。

やれることは、可能な限り、全力でお受けします。

しかしながら、どうか皆さまにお願いです。

ソーラーパネルである文字盤に充分な光が当たらなければ、充電はされないのです。

季節(ワンシーズン)に一度くらいは、直射日光の当たる窓際で、日向ぼっこ

させてあげてくださいね。

あまりにもご依頼の数が増えると、現状の様にお受けすること自体が、

難しくなって来てしまいます。

ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

とはいえ、これもスタッフの経験値向上(笑)

小さな時計屋としてお受けできる限りは、(今のところ)精一杯やらせていただきます!!

てる