アンティーク時計の修理

想い出の歴史が詰まった手巻き時計の修理のご相談をいただき、

携わらせて頂いた。その時計はSEIKOセイコーの手巻き時計。

文字盤はシミやサビ、何より経年劣化が進んでおり、変色がひどい状態。

風防ガラス(プラ)は傷と歪みが生じていて、文字板が見づらいほど。

ケース全体、ベルトもキシキシ、……。

使用感、その後の放置時間をも醸し出された、歴史いっぱいの手巻きSEIKOでした。

ご相談下さった方から、「もしも、動くのであれば、是非動かしたい。」と

切なる想いを伺い、なんとかする方法を…と。

修理が始まりました。

先ずは風防を外し、ケース・ベルト・リューズ、いわゆる時計の外装全てを、

特殊液体の注がれた超音波洗浄機の中で充分な時間をかけて、洗浄&クリーニング。

文字盤はリダンし再塗装。風防ガラス(プラ)は別作オーダーでお作りさせて頂きました。

ムーブメントは全てばらしパーツを全て洗浄し、一から全て新しい潤滑油と共に

組み立てなおし。時計の向きなどによる姿勢差が少しでも安定して使える様に、

精度調整をさせていただきました。

文字版はキレイに再現され、別作でお作りした風防ガラス(プラ)もピタッと収まり、

外装は充分に洗浄され、手巻きし時間を合わせて動き出し、そっと近づけ耳を澄ますと

「チッチッチッチッ…」よし、お利口さん♡ イイ音がする。

生きてる!!て感じが、時計から湧き出している。(て気がします)

まるで生まれ変わった様で、仕上がりを手にした瞬間は毎度の事ながら、

感動します。

キレイになりすっかり「想い出の復活」の準備完了!です。

お持ち主さまの腕の中で、馴染み、心地よく時を刻み、紡ぎはじめることが

できた時に初めて、修理完了!!「想い出の復活」の時です。

想い出の詰まった時計や貴金属。譲り受けや、形見、など。

お手元に動かなくなった時計が眠っていませんか?!

もしフッと思い立つ瞬間が来たら、復活させてみませんか?!

精一杯お手伝いさせて頂きます。

節分前日だからでしょうか、新たな始まりについて想うことの多い月初です。

感謝。