《今後の営業についてお知らせしておきます》

昨日デベロッパー様から数枚の紙が、駅構内店舗に配られました。

・営業時間変更のお知らせ

・臨時休業のお知らせ

・新型ウイルスについて(疑いが出た場合の対処方法や連絡先)

そして、その意図を伺いました。

「全ては店舗責任者の方のご意志にお任せしますので、届出だけは必ず

出してくださいね」 との事。 ……さすがです。

名駅構内にあるお店さんでは、学生さんをなるべく外に出さない様にすべく、

アルバイトさんをお休みにする為に営業時間を短縮される事を決定されたそうです。

私は16年前の起業からいっときも忘れず、

①スタッフとその家族の健康(身)を守る

②スタッフとその家族の生活(心)を守る

③それら(スタッフの心身の充実=幸せ)の為に店を守る

この3つの責任を背負い、覚悟を持って経営をしているつもりでここまで来ました。

もちろん今現在もそう思っています。

売り上げのためにスタッフを危険にさらすのは、本望では有りません。

しばらく営業時間を短縮するか!? いや、短縮だけではそもそも何の意味もないか!?

(どちらにしても、店頭は暇だから営業時間を短縮するか!?)

やはり給与補償をし、休業にすべきか!?とも思います。

しかし、給与補償をつけ休業したところで、スタッフは安心して「強制引きこもり」の様な

生活をしながら、充実した生活ができるものでしょうか。

「休業や短縮営業をした時点で、感染したのかなどと噂が流れるのでは無いか」と、

ご不安にお思いの店舗責任者の方もみえるとの事です。

それに、そんな噂や憶測がいつしか消えたとしても、いや万が一名古屋駅から

感染者が出たとしたら、…………。たら…れば…もし…。

事前のリスク回避の為の休業を機に、お客様が離れてしまったら、給与どころか、

スタッフから職を奪ってしまう事になる可能性も有る。

どの道、どうなるか分からずなのです。

(メリットデメリットは同じ分存在するのだから。)

ぐるぐると思考は巡る。なんて頼りない経営者なのでしょう(苦笑)

今、問われるのは、私の嗅覚と覚悟なのかもしれません。

過去に経験のない事、その上相手は目に見えない存在。

どうしたものでしょう。

少しの間、名古屋駅全体の動向にアンテナを立てつつ、今しばらく検討

させていただきます。

今後の状況しだいでは、お客様方にはご不便をお掛けする

選択(しばらくの店舗休業や時間短縮営業等)をする選択をするかもしれません。

私なりに姿勢を正し、誠意を持ってご対応させていただくことをこの場にて

お約束させていただきます。

誠に勝手ではございますがどうぞ変わらぬご愛顧を賜ります様、

よろしくお願いを致します。

有限会社 小さな時計屋

代表取締役 大嶋照子