いつもが特別

特別な一日。

2004年……。平成16年の9月7日。

「小さな時計屋」という存在が法人として登記された日。

振り返るといろんな「想い」がこみ上げて来て、涙が溢れる…。

そして令和元年9月7日は、とても穏やかに過ごさせていただいております。

面白い、というより、たまたま。てだけのいつもの、1日だったのかもしれない。

ただ、私にはいつもの週末が、とっても特別な一日に想え、

なんだか不思議ロジックの中にいる様な7日の土曜日だった。

先日店頭入荷のご案内をさせていただいたばかりのMONDAINE エッセンス。

「身体に優しいモンディーン」に興味をお持ちいただきご注文をいただきました。

同タイプ の白文字盤が2サイズ入荷。

奇しくも私が人生で初めて「欲しいと想った時計」が偶然にも今日、メーカーさんから

届いた。 いやいや私がお願いしてたから数日経ち、たまたま入荷したのよ、

と言えばそれまでですが……… (笑)

この土日は、10時〜15時を出勤予定にしていた、学生アルバイトのF君。

「お休みしたいです」と。木曜の夜になって連絡があり、

「OK〜思いきり楽しんで〜」と伝えた。土曜の午後の仕事中に、

なぜかフッと思った。

あ、今日は 初心に戻りT君と2人で営業することになっていたのね……。

人のやる事、なす事、とは、本当に不思議(笑)

それに、見えないものの采配とは、面白いものです。

訳も分からず偶然を装い、偶然というあり得ない様な奇跡が重ね重ねと、

重なり 面白い導きの様な事象が、ストンストンと目の前に起こるのだから。

一日中のあれもこれもがそんな感じ(笑)

言うこと聞くこと、やる事なす事、なにもかもが何かと繋がり、

シンクロし(大笑) 可笑しいくらい、それを感じた土曜日でした。

「全てはうまくいっている。」 ということの様です。

スタッフ、そして皆様に心から感謝致しますとともに、

平成16年の私に愛を込めて。

「ありがとうございます。幸せです。」

てる