プロデュース

消費者がいてお店があり、店があって卸があり、卸があって生産がある。

そこに人の存在があるからこの循環が成立する。

どんな消費者に喜んでいただく為のお店にするのか?

その為になにを扱いなにを提供する店にするのか?

その為にどこの卸業者やメーカー、そしてどんな職人と関わるか?

そこに絶対に外せない人の「想い」があり、「生きる姿勢」がある。

「 お店をプロデュースする。」と言うことは、そこに関わってくれる

「人のプロデュースをする」 てことなのだろうな…。

なんて事を、想いグルグル、螺旋階段に立つ自分。

そこで、堂々巡りすることがある。

特に春は、自然の植物達が「その揺るぎない循環」を目の当たりに

感じさせてくれるから、アンテナがキャッチしまくる(笑)

「私。ちっちゃ!!」

ある携帯ショップで、以前に頂いたクリアファイルがふと

このタイミングで目にとまった。

「みんなをど真ん中に」

コレ!!コレやん!! シャワーを浴びた時の身体と水の関係?!

の様な感覚で、その言葉がタユタユ〜シャ〜ッ。 と届いてキュンとした。

For all customeres 〜 関わる全ての方々のために 〜

コレを小さな時計屋の指針にして15年。まだまだ遠いけれど、

今やっとその循環 を頭の中ではなく、身体のずっと奥の方で、

ググッと…。 感じ始めているのかもしれない。

お客様が主役であり、スタッフが主役でもある。もちろん、取り扱うモノも。

それを卸して下さるメーカー担当者も。

提供するサービスそのコトも、そのサービスを提供するために関わってくれている

時計職人や貴金属加工職人も。全ての人が全員主役。

その時々で主役が変わるし、見方によって見る人によって主役ゎ違って映る。

てだけ。

花が主役であり、新緑が主役。…そうなりたい。いや、そうで在りたい。

あなたが主役で私も主役。誰かのために誰かが犠牲になるのではなく、

み〜んな、ど真ん中の主役!!

私、ココを目指してるんだ!!

「クリアファイル貰っても、またプラゴミ増やす〜。」なんて、

あの時は一瞬そう思ったけれど、イマココでこのメッセージに出逢うべくして

出逢った気がする。

目の前にふと映り留まったモノ、コトは、そしてヒトは。

寸分狂いもなく必然のタイミングで訪ずれるものですね。

全ては必要だから、意味があるからこそベストなタイミングで必然的に

やってくる。

ホント、 不思議がいっぱい!! 面白い!!

幸せです!! さて、残すところあと2日で10連休突入ですね。

小さな時計屋は、連休中も毎日営業です。

お役に立てることがあれば何なりと!!

精一杯、がんばらせていただきます。

てる