オリジナル革バンド「浅草鱏」

連休初日。 すごい強風の中で10連休が始まりましたね。

いよいよ「令和」の時代の始まりの時が近づいてきました。

そんな土曜日。

浅草で、オリジナルの ガルーシャの革ベルト をつくり続ける職人Kさんが、

小さな時計屋を訪ねて下さいました。

このKさん、本当にすごいんです。(革ベルト作りに対する姿勢、というか熱が!!)

以前、ご縁いただき初めてお会いした時に、その姿勢と情熱に、

一目惚れしました!!

それ以来すっかり応援団させていただいております。

革を染め、鞣し、カット、縫製、何もかも、全てご自身で。

こだわりを妥協せず、こうなったらイイなを全て叶える、その努力と姿勢が

本当に美しい!!だからこそのこの作品達!!

フルオーダーは以前から続けられているものの、既製品化して一般販売ができる様に、

と活動し始める中、試供品が完成したという事でわざわざお忙しい中

お立ち寄りくださったのです。

サイズ、お色、長さ、質感、などのお話をご相談いただきました。

革質、お色、ツヤ感、カット具合、縫製、コバ、どこを取っても、

どの角度から見ても素晴らしい仕上がりでした。

柔らかく、かといって頼りなさのみじんも感じさせないコシの良さ。

アンティークでも、ダイバーでも合う様に、厚みもしっかり考えられ、

色目も本当に素敵な仕上がりでした。

その作品達を見ているだけで、それに似合いそうな時計がふっと浮かんでくる!

そんな逆発送的革バンド!!

いやー、これは楽しみです!!

おそらく、今年中に皆さまにもご案内できる時がやってきそう(?!) そんな予感。

どんな想いで、どんな姿勢で、どこを目指すか。

まっすぐな職人Kさんの瞳がキラキラ輝いているのを見て、さらにこのガルーシャ達が

名古屋でデビューするその瞬間、が楽しみになりました。

使い手の想い、作り手の想い、売り手の想い、全てがイイ感じで関わりあう。

そんな素敵な革バンドが、間も無くどのようなカタチかは未定部分もありますが、

ご案内できそうです!!

ご縁に感謝いっぱいです!!

てる