GS  グランドセイコー

今日はいくつかGS(グランドセイコー)の電池交換や修理のご相談を

頂きました。

あるお客様の時計………σ(^_^;)

裏蓋の周りの汚れ、大変な事に(u_u)

  
コレでは、さすがのGS(グランドセイコー)も可哀想……。

GSの構造がいくら作りがいいから、とは言えこのままでは、

ケースが腐食したり、汗や水が入ったりしてしまう…。

裏蓋にかませてあるパッキンは車のワイパーゴムと同じように、

やはりどうしても経年劣化をします。

その時、時計がこの状態ではおそらく時計の防水性や電池の持ち、

そして精度等に問題が生じる事になってしまいます。 

そんな事の無いように、小さな時計屋では定期的な金属部分の洗浄&クリーニング、

又は使用年数によって、機械自体のメンテナンス(オーバーホール)を

しておく事を、オススメしています。

一般的に、強い時計程酷使してしまうのが世の常か。

少しでも「いい状態」 を長く、そして気持ちよくお使いいただける様に、

できる限りのサポートをさせていただきます( ´ ▽ ` )ノ

「今」を全力で楽しみ一歩ずつ前に進む人生と同じ様に、

時計も日々の使い方やメンテナンス状況で、未来が 変わるんです!

どうぞ皆さま、お持ちの時計を大切に  そして大切なパートナーとして

愛着を持ってお使い下さいー☆

て想います  ♪( ´▽`)

今年も残りあと少し。「洗浄&クリーニング」今からでもどうですか?

テル