風の丘 美術館(阿蘇)ー☆

ちょうど45年ほど前に熊本市内で、

20代可愛らしいひ弱な女性(母)と、ゴルフに出かけようとしていた産婦人科医

のゴルフキャンセルして迄の努力と、想いに支えられこの世に生を受けた私。

そう、あれから45年が過ぎました。

ここ数年、阿蘇含め熊本市内に毎年通っていた私にとって

熊本地震は衝撃すぎる衝撃だった。

その中でも、大好きスポットである熊本城、阿蘇神社、そして風の丘にある大野勝彦美術館。


これらの地が、崩れてしまった光景は今でも鮮明に脳裏に浮かぶ…。

少し前に、大野勝彦さんと親交のある方から、風の丘美術館復興応援カレンダーが

発売されるとの情報をご提供いただき、早速注文させていただきました。

農作業中に重機に両腕を挟まれ、ある日突然両腕の肘から下を失った大野さん。

想像するとすごい現実です!! おかしな話やけど、想像しながらも想像がつきません!!

それでも再起を果たされた大野さん。

「両手を失い、やっと、ようやく本当の幸せに気づけた」とおっしゃる両手肘から義手

の大野さんに初めてお会いしたのは10数年前。

そうきっと、幸せは目に見えないので気付きにくいのかもしれません。

でも、こうして「人として最も大切なこと」に気づかれた大野さん

の想いにシフトしていると、目に見えない幸せに気づくきっかけと機会をいただけます。

そんな大野さんが、築かれた「 風の丘大野勝彦美術館 」ー☆

どうしても、またいつか、絶対に、オープンしていただきたい!!

またあの風の丘で、愛情たっぷりの絵手紙たちに囲まれ美味しい陣太鼓とコーヒーを飲みたい♡

あの丘で素敵な風を全身で感じたいー╰(*´︶`*)╯   そう強く思う私。

本日私の元に届けられたカレンダー達を、私を支えてくれている皆様にお使いいただき、

大野さんの両手義手で描かれた優しく想いのこもったメッセージを生活の中で

日々感じ、大野さんから元気をいただいて欲しい。

すこーしでも、熊本に心寄せて過ごしていただきたい。

そんなふうに想います。


もし、この復興カレンダーに興味おありの方がみえましたら、

お気軽にお声がけくださいませッ   ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

いつでもご覧いただけます。

もしよかったら2,100でお譲りします。

そしてまた、そのいただいたお金でカレンダーを購入します!!

( コレを使って商売するつもりなんてありませんのでご安心下さいッ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪笑 )

大野さんの想いが、皆様の心の奥底にエネルギーを届けてくれます。

そして皆様の想いが大野さんに、そして熊本に届き、それが熊本の復興に繋がると

信じています。  

時計屋らしからぬ独り言(ブログ)が、ここのところ続いていますね〜、

そろそろ時計屋らしい独り言も必要かな(๑˃̵ᴗ˂̵)   なんてフッと思う夜。

テルさんの独り言。最後までお付き合いくださりありがとうございます。

明日は勝手ながら、私、午前中留守にいたします。

時計屋らしいスタッフ2名が、笑顔いっぱい対応致しますので、

どうぞよろしくお願いします。

テル