革ベルト選び

この数日で、ググっっと気温も下がり、冬本番!!

クリスマスを前に、なんだか気分も上がる週末〜★

冷たい金属バンドを外して革ベルトに付け替えを、というお話も多くいただきました。

こうして「時計の革ベルトを変えて使う」というコトが、違和感なく、

一般的に浸透してきているのを感じ、なんだかとっても嬉しく想える

週末になりました。

中でも今日の1番!!はやはりコレ!!

ある親子様。ご家族3人でご来店くださいました。

毎回のことながら、ここからが違う!! とにかく素敵!!

店の前まで来て、ご両親はお嬢さんから一歩距離をおかれました。

するとお嬢さんが私の前に。

私 「いらっしゃいませ、今日はどうされましたか?」

お嬢さん 「この時計の革ベルトを変えたいんです」

それからお嬢さんと2人で色々お話し、希望や理想を伺いながら、

一緒にベルト選びをさせていただきました。

最終的にはご試着をしていただき、購入する一点をご自身で、決定されました。

お嬢さん 「お父さん、お母さん、決まったよ」

ご両親がそれを聞き、はじめて店舗の敷地内へ入られました。

母 「わ、素敵じゃなーい♡」

父 「お、いいねー、これでバッチリじゃん!」

満足そうなお嬢さんの笑顔が、とても印象的。

お嬢さんに聞いてみたところ、いつもそうらしいのです。

いつのまにか、ほとんどのお母様は(お父様も)「アレにしたら、コレにしたら」と

ほぼ、いや確実に……。本人の意思など置いてけぼりにして、自分の意見で口を出し、

強制的におさまらせ、「あー。いいのあって良かったねー」て… 。

満足そうに微笑む。

それが、こちらのご家族には、全くないのです。

「自分で考えて、自分で決める、コレってすごいコトだよ、

それをさせてくれるご両親がいるんだね〜。愛だね♡ お父さんお母さん、

すごい人だねー。素敵だね!!」てこっそり声をかけると、

なんだか誇らしげにニコッと、笑顔をくれました。

彼女の自信の奥にある優しい笑顔が、大切なコトを気づかせてくれました。

そう、相互の信頼関係や本当の愛、てコレですね〜。

支配するのではなく、信じ任せる。承認。

お客様に沢山のコトを教わりながら、糧にしている今!!

めちゃくちゃ幸せです!!

ありがとうございます!!

てる

************* 営業のお知らせ *************

年末年始

31日〜 3 お休み

2019

毎週火曜日  定休 (祝日は営業)

ご不便おかけしますが、どうぞご理解いただきます様よろしくお願い致します。