革ベルト選び ( 濃紺  藍色  ネイビー  ダークブルー )

ベルト選びのお客様の多い一日。

東京からお取引先様のSさんがお忙しい中、お越しくださいました。

ベルト日和。ベルト三昧。 しかもネイビーだったり、ダークブルーだったり。

藍色だったり。  要するに、「 濃紺 」てことですよねー。

まるで、朝方の数時間を分け表すだけのために使い分けられる日本の言葉、

「 あけぼの、しののめ、朝ぼらけ 」 の様です。

最終的に朝焼けとなり真っ赤になり朝が来るのですが、その域様が美しいからと

その時間帯を「 神聖な時」として大切に大切にしていた、と聞いたことがあります。

ダークブルーとネイビーは微妙に違う気がするし、ネイビーと濃紺も

人により少し違うみたい  (笑)   …あくまでも個人的感覚の違いがありますが。

空と海に囲まれた日本人にとって藍色は、やはりそういう意味の意識はしていなくても、

どこかやはり繋がっていて、大切な大切なお色。

なのかな〜〜  なんて。

あるお客様が、濃紺系の革ベルト選びでお悩みの姿を見ていて、

ふぅっと、そんなコトを想った19日。

残すとこ今月もあと10日。楽しく行こう〜〜☆

SHALOMー☆

てる