革ベルトの交換

時計の修理屋を始めてかれこれ15年目の秋。

革ベルトの交換に対する世の中の意識が随分変わってきたなぁ〜と感じる

ここ数年。

時計に合わせて、お好みに合わせて、服装など自身に合わせて、

ご自身でお選びになる方が増えました。

しかも男性だけではなく女性も♡(^^)//

この流れ、とっても嬉しいです〜 😆

シンプルおしゃれな女性のチョイスを一部ご紹介。

爽やかな笑顔の女性。 長いことお使いのSEIKO、大ぶりケースながら、

ベゼルからラグのデザインまでの全体が丸みがあり、線が柔らかくとっても

可愛らしい時計に、バッファロー素材のネイビーを合わせて頂き、

女性らしい仕上がりになりました♡

シンプルながらローファーとマフラーがブラックでスッキリした印象の

「オトナ女子」という言葉がピッタリの女性。

カッコよく、ブラックフェイスのスイスミリタリーに「茶色のベルトを」と

お声がけいただきましたが、文字盤はブラック、針&インデックスが全てホワイト…。

ブラウン系ベルトをお目通しいただいてから、

「白いステッチが入ったブラックもハマりますよ」と、

ご提案させて頂き、あっという間に気に入って頂きました(^-^)

時計にぴったり、お召し物にぴったり、何よりもお持ち主の雰囲気にぴったり。

時計ベルト選びの楽しさに改めて気づかせてくださった、ステキな女性方。

時計は常に自身の視界に入るアイテム。

ここがピタリとハマると、全てがアガります(笑)

そしてお気に入りの時計が腕に乗ると、気分が変わり、姿勢が変わります。

キラキラ笑顔が輝く女性がもっともっと増えていく〜(^^)//

そんなお手伝いがそっとできるお店で在りたい!!と

強く想います♡

沢山のご縁をいただきありがたい毎日です!!

ありがとうございます😊

てる