革ベルトのお仕立て (別作 ) ー 続編

週末のお越しいただいたご常連様方 B 様 と K 様。

以前に当店で革ベルトのフルオーダーシステムで、お仕立てをご経験を

いただいているお二人。

たまたま、お持ちになられていた時計がそのお仕立てベルトでしたので、

お二人時計を仲良くカップルさんにしてみました。

K様はグリュエンのアンティークに合わせ、

柔らかいカーフ素材のキャメルにしっかりステッチ、長さを少し長めにしました。

B様は、ロレックスのアンティークに、テジュー(大トカゲ) の濃いトーンのネイビー

パリっとした感がとてもシックに決まっている。

うーん、久しぶりにこの二本のアンティークにお会いしたが、

やはりメンテナンスやベルト交換などで、少しでも自分が関わったものには、

情が移る。  ものなのでしょうか。

なんだか、調子よく動いていると知り、大切にして貰っていると実感し、

ジーーンと、子供達が帰省した時の母親はこんな気持ちなのだろうか〜と

そんな気持ちがこみ上げ、嬉しくなりました〜。

お仕立てベルト、どんどん実績が増えてきまゆきます。

経験を積ませて頂き、次はもっと次は更にもっと、と技術も提案力も増すはずです。

少しでもお客様の想いを職人に繋げるべく努力します、これは誰でもどこでもはできません。

ココで、ココらしく、やらせていただける事を、精一杯。 て事ですね〜。

B様、そしてK様。 本当にいつも、ご愛顧いただきありがとうございます。

(少し話はそれますが)   皆様くれぐれも、お身体を大切に。
「 今日という一日は、昨日亡くなった方がどうしても生きたかった一日です。」

という言葉を知人から聴いたことがあります… 。

青空のキャンバスに真っ白の雲たちが織り成す芸術を眺めながら、、、

そうだよ、託された私達は、思い切り今を喜んで、ドップリと幸せに浸かって、

生きなきゃねッ。そんな事をふと想う、日曜日の空でした。

くれぐれも元気に。 楽しんで。 幸せ噛み締めて。 過ごしましょうね〜。

SHALOMー☆

てる