革について

革の加工、と言えば、姫路のたつのが日本一。

北海道や東京、和歌山なども有名どころ。

ここ数年、「 栃木レザー 」のベジタブルタンニンで鞣(ナメ)された

革のことを時々耳にする機会が増えた。

ベルトメーカーの担当者の方が、たまたまご縁あって見学に行かれたそうで、

皮が革になる過程のお話と共に、冊子を頂いた。

すっごい過酷な状況らしいです…(・_・;   ( ニオイがとにかく…。 )

元々、よーく考えてみたら、生き物の皮膚だものね。 当たり前。

生物の命を無駄にしない様、最後まで活かしきるコト。

天然皮革ならでは、の耐久性、保温性、そして品質の良さなどを、

最大限に活かすために、日本の匠の技の継承者達が切磋琢磨、そして何よりも

想いを込めて創り上げてきた歴史があるのだ。

革になる工程に携わる職人達の真摯な想いがあって、

本革を心地よく使うことができているのだという事を、忘れずにいなければと、

そんな事を感じた。見えない所で紡がれている想いが、質感の良さになり、

品や輝きになっている事に少しだけ心を寄せて、

時計のベルト選びのお手伝いをしなければ、生き物にも、職人さん達にも、

 申し訳が立たないですね。

店に立ち、接客するからには、私達はプロなんだから。

知らないじゃ済まない!!て。  

………そして、私はちゃっかり。

次回またどこかのタンナーや工程に触れる機会がある場所に行かれる時は、

是非ご一緒させて頂きたいと、お願いをしてしまった  (*´꒳`*)/

また新しい扉が開きそうな予感ー☆

その日が来るのが、楽しみです。

テル