金属ベルトの修理

今日は朝からベルトメーカー様が訪ねてくださり、革の事について

ベルトの事について、学ばせていただきました。

その後は一日中、金属ベルトの修理受付の多い1日になりました。

オメガのベルト、バックル横が破損。

専用のピントパイプを 入手し修理をする必要があるために10日ほど

お預かりすることになりました。

SEIKOワイアードの金属ベルトが折れたとお持ち込み。

金属部分を全て外し、ケース、リューズ、プッシュボタン、

裏ブタ、ベルトの金属部分を洗浄機に手伝ってもらいながら手間をかけ

時間をかけ、サビ、汚れを全て落とし、代わりのピンを使い

2時間ほどで修理させていただき、お渡ししました。

他にも同じ様な症状のお客様が4〜5件立て続きにみえたので、

修理担当者のT君は一日中、大忙し(๑˃̵ᴗ˂̵)/

それにしても、お渡しさせていただいたお客様方が、皆様声を揃えて

「うわ綺麗ッ!!ホント助かりました、ありがとうございます。」

「また何かあったら、こちらに来ます。」とおっしゃって頂いたお言葉が

涙が出るほど嬉しかった〜〜(๑>◡<๑)/

「 あちこちで、これはもう無理だよ。と言われてたのに。」と

多くの方が、そうおっしゃってみえました。

なぜこの程度で無理と言うのだろうか…!?(u_u)

いや、でもこれを修理していくには技術もやけど、時間も手間もかかるから、

大手様には難しいのかもしれない。

小さいからできるナニカ。小さな時計屋だからこそできるナニカ、

小さな時計屋にしかできないナニカ、を考える1日になりました。

修理について、ベルトについて、の知識を増やし、経験を積み上げ、

もっともっとあるであろう需要にピンポイントで供給できる店に、

チームに、なりたいと、そう思います。

テル