修理あれこれ
ファッションブランド時計の修理のご相談でよくお見かけするのは

マーク ジェイコブス、D&G、バーバリーやケイトスペード、

ボンボンウォッチ。

そして最近やたら多いのはポール スミスかな〜(笑)

ブランド時計の修理のご相談件数はというと、

カルティエ、オメガ、タグホイヤー、そしてグッチ、

ここのところブルガリも多い気がする。

電池交換をはじめ、金属ベルトの破損や革ベルトの交換、

針がブラブラになったものや、ガラス交換。

もちろんオーバーホール(分解掃除) も。

今日も沢山のご相談をいただきました〜(#^.^#)

大切に使い続けているからこその破損や不具合!! て事。

そう思うとなんだか、

「 ご主人様のために、頑張っていい状態になろうね」なんて

時計に声をかけたくなったりする(笑)

時計の革ベルト選びもそう、時計にとってだけでなく、

使う方の肌の色、ファッション、好み、に合わせたチョイスが

たまらなくイイカンジを引き出してくれる!  

「ご主人様のお気に入り登録!してもらえるといいな」

と思いながらお選びしたりするσ^_^;

こちらのお客様、とても喜んでくださいました(#^.^#)/

時計にまつわるアレコレ、

なーんでも気軽にご相談頂けるお店にしたいな〜☆

テル