輝ける星 オリエントスター

いつだったか…少し前に、スタッフY君が、お客様のアンティーク時計のベルト交換の

ご相談に乗っている姿があった。

ベルトの接続部分が特殊で、巻き込む必要があるため、既製品のベルトでは

つけることができず、種類は少ないが引き通しのリボンベルトタイプのものを

お選びいただくか、 もしくはオーダーでお作りさせていただくか…、

の選択ということになる。

その時お客様は、引き通しの革ベルトをご選択頂いていたようで、

メーカーに注文をかけ、早速お取り寄せをさせていただくことになった。

昨日、入荷したそのベルトを受け取りにご来店いただいた際に、

時計をブラッシング、拭き上げ、ベルトを付ける際に目に留まった…。

海外のアンティークかと思ったら、「オリエントスター」!!

スゴイ!! この年代のアンティークは珍しいわけでもなく時々見るし、

私自身50〜60年代のアンティークは大好き!!とはいえ、メイドイン JAPAN!

のオリエントスター、そしてレディース、その上状態良し、

全くもってデザインが素晴らしく可愛いッ!!

70代と思しき、その御夫人とお話しさせていただき、さらに驚き!!

「 104歳の大正生まれの母がお気に入りなんです、これじゃなきゃ、

というので。 今回はご丁寧に対応して頂きとても助かりました〜 」て。

オリエントスター自体、は1951年からの歴史。

(オリエントスター http://www.orient-watch.jp/orientstar/concept.php )

104歳の方がお気に入りにしている、ということは…?!

限りなく、この時計(オリエントスター)はブランドあげてデビューさせたであろう

初期モデルに近いということ。今と違い大量生産の時代でない頃の時計。

この一本に携わったであろう職人さん、パーツ製造、金属屋、革屋、、

目に見えないたくさんの人々の想いの塊!!なはず。

それが平成30年に、自分の目の前 ココにある、そう感じた

その瞬間、全身に鳥肌が立つような、感動を覚えた。

すごくないですか〜?! すごい!!すごい!!

104歳で、「これがお気に入りだから」と、時計のベルトを変え、手巻きし、

時間を合わせて、腕に乗せて、時計を見時間を気にしながら生活する。

もはやその生きる姿勢を想像し、感動!! 尊敬!!

胸の奥が熱くなる瞬間でした。

それにしても「時計修理屋」 サイコーなお仕事につかせていただいたものです!!

スゴイ歴史の1ページに触れた週末!!

皆さまありがとうございました。

皆さまどうか素敵な1週間をお過ごしくださいませ〜

SHALOMー☆

てる

☆ ラジオ出演のお知らせ ☆

スモールサンインターネットラジオ(small sun)

地域を元気にするブランディングプロデューサー安藤竜二さんの

ブランドプロミスという番組で2017年12月11日に

ゲスト出演させていただきました。

YouTubeにも配信されていますので、どうぞお聴きください~☆