足跡

こんな話をいつか、そう15年ほど前だったか、聞いたことがあった。

ある夜 わたしは 夢を見た

神様と2人並んで わたしは砂浜を歩いていた

砂浜に 二組の足跡が見えていた

ひとつは 神様の そしてひとつは わたしのだった

しかし最後に わたしが振り返って見たとき

ところどころで 足跡が一組だけしか 見えなかった

「わたしの愛する子供よ わたしは決して

お前のそばを離れたことはない お前がもっとも苦しんでいたとき

砂の上に 一組の足跡しかなかったのは わたしがお前を抱いていたからなんだよ 」

時々思い出すこの「フットプリント」のお話。

先日訪れた大阪梅田の雑貨屋さんで同じ言葉を目にし、

急に、当時の気持ちを思い出した。

人は不思議だけど強い生き物ですね、あの時(頃)は自分の中に

生きるエネルギーすら感じることができず、ただ立ち止まり泣いていたのに。

今はまったくちがう、次元で生きている。

それどころか毎日楽しく、天職かと思えるほどの仕事をし、

やる気も勇気も、そして楽しみも喜びも十分味わっているー☆

「誰かに喜んでもらえること」

コレこそが人の使命であり、エネルギーの根源では無いか、

いやきっとそうだろう…(´∀`)/

とすら想える。

誰かを受け入れられない様では 与える喜びを感じることができない

闇に降りたからこそ、そこにある光に気づけたのかな…。

今更ながらつくづく、自分の運の良さと、過去の苦しみ悲しみに、

感謝する2017年12月の始まりの朝。

私事ながら、「25年前の感動」を想い出す1日になりそうです。

ありがとうございます!

SHALOMー☆

てる