赤福    幼子の様に

赤子は福を呼ぶ。 で「 赤福  」 とその名がついたのが、

あの有名な伊勢にある「 赤福 」さん。

毎年、お店の入り口には、ツバメさんが巣を作り、

可愛い雛鳥たちの合唱を聞かせてくれる♫    

その光景を思い出しながら、

赤福 の心について…  改めて気づかせていただきました。

赤福の名前の由来のお話を初めて聴いたのは15年ほど前… 。

15年経つと、人は同じ話を耳にしても、感覚や受け方が全く違うんですね。

「 赤ちゃん。 」

  泣いても笑っても、そう……何をしてもその存在は、

周りの全てに、ただただ幸せを感じさせてくれるー☆

自分の感情も表現方法も何もわからないまま、考えず感じるままに、

自身の感覚に最も忠実に行動するから!?  なのかもしれない。

「 うん分かった。はーい。」てなんでも素直に受け入れる…。

応えはYESかハイ、てコト。

子供の様に、純粋でまっすぐな心のままに、感覚のままに選択し動くことができたら

人は幸せになるよッー☆      いや、正確には、「幸せに気づくよッー☆」かもしれない。

そう、幼子の様に、損得感情も、いらぬ知恵なども使わず、

ただ言われるがままに、感じるままに、受けて、入れて、止めて、動く、そんな自分。

コレは、  私の想像する限り、 ストレスなくただただとっても心地がよく、

それはそれは大きな幸せに包まれるであろう。   と推察する。


つい、あれこれ頭で考え、損得、メリットデメリット、リスク、に想いを張り巡らせる。

そして、「でも、だって、そんなん言うても…」などなどしがらみに負ける自分を

無意識に優先していく。

いやいや、違う、間違ってる、そんなんッ……。

楽しい事、ワクワクする事、興味を持てる事、そう、気持ち(心)が、

それだけで意味なくアガる!!て事を選択したい〜(o^^o)//

幼子の様に、て意識しながら過ごせば、きっと……そのうち時空を超えて

幼子であった自分に出会えるのかもしれない。 (実際子供の頃の夢を見たり、時々するものッ)

幼子の様に純粋な真っ直ぐな心で、モノを見て感じる事ができれば、

素直に動ける自分に出逢えたら、おそらく人はとても幸せなだけでなく、

それが「 らしい生き方 」しいては「 使命を活きる 」て事に、繋がる様に想う…。

全部は繋がっているのだから…。

なんてグルグルまた考えちゃう私ッ( ̄∇ ̄);;   

赤ちゃん♡   教えてッ  (о´∀`о)//

SHALOM  ( シャローム )  平安あれー☆

テル